コラプシウム

コラプシウム(ウィル・マッカーシ著)読了

なかなか、面白い科学技術が多く出てくるSF
原子レベルのサイズのブラックホールを扱えるようにしたコラプシウムや、転送および物質の複製が可能なファックス、量子レベルで変化可能な素材ウェルストーンなど。

人々はファックスに不死フィルタを付けることで、不死になったという未来
主人公はコラプシウムを発明した科学者で、コラプシウムのおかげ大金持ち。太陽系から遠く離れたカイパーベルトの小惑星で、時の果てからの光子を受けるための装置を開発していた。

そこへ太陽系の女王が助けを求めてやってくるというお話。

SF的科学用語が大量に出てくるものの、たしかにスペースオペラ的な話の展開で面白かったです。科学者が主人公ということで、アクションシーンはほとんどありませんでしたが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック