鉄の神経お許しを  キャプテン・フューチャー全集11

鉄の神経お許しを  キャプテン・フューチャー全集11(エドモント・ハミルトン著)を読み終わり

なかなか読みごたえあり…だが、短編というのも、ちょっと物足りない。やはり、強敵(ライバル)というのがでてこないからだろうか?、それと若干、暗めな雰囲気も…。

それにしても、後日談としてしか話が出ていない「アンドロメダ探検」の話も読んでみたかったなぁ。書かれていないお話なんだけどね。

「フューチャーメンとその仲間たち」というコラムも面白かったが、サイモン・ライトが「月の研究所」で月に住まいを作る時には「生きている脳」になっていたのに、「グラッグの誕生」でまだ人間だったりするという矛盾点がちょっと残念です。

さて、忘れないうちに、全巻購入特典の応募葉書をだしておかなければ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック