1358年災厄の時

1358年、エイオーにより、自身の領域から追放されたトリムの神々が定命の身となりフォーゴトン・レルムをさまよう。

ということで、フォーゴトン・レルム年代記を購入しました。表紙がドリッズド・ドゥアーデンなのがいい感じです。AD&Dのサプリメントなので、通常はゲームをするのに使用するのでしょうが、私は読むのみ。

やはり1358年近辺の歴史は面白い。地理的な面ではフォーゴトン・レルムワールドガイドを利用しているのだが、年代的な前後関係がわかりにくかったのよね。これを読むと、ドリッズド・ドゥアーデンがアイスウィンド・サーガで活躍していたのは、災厄の時のたかだか、2年前のことだったのか。ということは、ドリッズド・ドゥアーデンが災厄の時に何していたのか、気になるなぁ。

エルミンスターが始めて歴史に出てきたのは238年、災厄の時も大活躍だし、1000年以上生きているのか、このじいさん。

書店で買ったら、おまけでダイスを貰いました。10面ダイスしかも10の位…1の位が欲しいなぁ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック