WWW生みの親の後悔とは

World Wide Web 20周年記念式典でのティム・バーナーズ=リー氏のニュース(itmedia)

ティム・バーナーズ=リー氏が後悔していることは「Webアドレスを「http://」で始めたこと」と「Webアドレスの構造」の二点とのこと。

「http://」で「/」が二つあるのは余分というのは、そんなに気にはならないなぁ。まあ、確かに余分。

「Webアドレスの構造」はシステム的には分かりやすいんだけどねぇ。「www.server.com/dir/file.html」というのは実体がどこにあるか判別しやすい。これが、「com/server/www/dir/file.html」だと、どこのサーバだかさっぱり?。まあ、サーバの位置を気にするのはシステム屋だからかもしれないし、最近の一般の人は検索から飛ぶからURLなんて気にしないって人も多そうだしね。

何にせよ、WWWなくして、ここまでインターネットが活用されることはなかったと思うので、WWWの父には感謝。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック