集合知プログラミング

集合値プログラミング(Toby Segaran著)を少し読みすすめた

とあるデータの傾向がわかればいいなと、第三章まで読んだあと、Pythonのソースを落としてきて、ピアソン相関係数をもとめ、デンドログラムとやらを作成。まあ、なんとなく絵にはなるが、何が読み取れるかはまた別のスキルだ。

多次元 尺度構成法も作成しようとしたのだが、プログラムがZERO割りで落ちてしまう…、Pythonは書いたことがないが、そんなに難しい文法でもないので直してみたが、数値が-1~1の範囲を超えてしまい、図が描画領域をオーバーしてしまう。もっと深い部分で理解しないと使えないか…。


集合知プログラミング
オライリージャパン
Toby Segaran
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック