アート・オブ・アプリケーション パフォーマンステスト

アート・オブ・アプリケーション パフォーマンステスト(イアン・モリノー著)を購入

前々から、システム開発時におけるパフォーマンステストに色々と困っていたのよねぇ。

標準的な指標というものがない、というかシステム要件に左右されて指標が定めづらく、また、一般的にパフォーマンステストはシステム開発終盤に行われることが多く(物がないとテストできないからなのだが…)、何かあったらリリースすら危ういとなる。

さて、第一章だけ読んでみたものの、やはり、万全な解決策というのは存在しないんですね。
それでも読み進めてすこしでも考えをまとめていかないと。

そうそう、各章の冒頭に、その章の性格を現すちょっとした引用文が書かれている。
5章「アプリケーション技術とそのパフォーマンステストへの影響」に引用されているのは
「無限の組み合わせによる無限の多様性ーミスター・スポック、「スタートレック」、1968」
ここでIDIC(Infinite Diversity in Infinite Combinations)かぁ、さすが外国のエンジニアにはスタートレック好きが多いだけはある。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






アート・オブ・アプリケーションパフォーマンステスト
楽天ブックス
Theory in practice 著者:イアン・モリノー/田中慎司出版社:オライリー・ジャパン/

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック