艦長日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「真月譚月姫」ついに最終巻

<<   作成日時 : 2010/12/19 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「真月譚月姫10」(佐々木少年著)を購入しました、ついに最終巻

ロアとの戦闘が終わったのは前の巻、今回はその後のエピローグ部分(たしか「月世界」だったかな?)。ゲームで言えばトゥルーエンドの方でした。もちろんグッドエンドの方がハッピーエンドなのですが、トゥルーエンドの悲しい余韻はそれはそれでよいものです。

エンドの後は「教えて知得留先生!」などが…余韻が台無しだい!

と、思ったら、最後に「月蝕」の漫画が入っていた。この内容ならトゥルーエンドで当たり前ですね。最後、青崎藍子と会ったのは、アルクェイドと再会する前だったのだろうか?後だったのだろうか?それとも幻だったのだろうか?

それにしても、この著者に続けて「シエルルート」や「秋葉ルート」も描いてほしいものだなぁ。



真月譚月姫 10 (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
2010-12-18
佐々木少年

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真月譚月姫 10 (電撃コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
青子先生のシーンでは浄眼が眼鏡で抑えられなくなっていることからみて、アルクとの再開はそれより前ですね。そっちは眼鏡かけてますし。

あのシーンがアルクの進行を抑えるため奮闘している頃のはなしか、それを過ぎてなお
あの台詞を言えたのか。
そこら辺は人それぞれですね
蛇足ですが
2010/12/21 13:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
「真月譚月姫」ついに最終巻 艦長日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる