BRD-U8DMが届いた

BRD-U8DMが届いた。先週まではひかりTVショッピングで購入しようかと思っていたのだが、アマゾンの方が少し安くなっていたので、注文しておいたら、二日と立たずに配送されてきた…早!

さて、BRD-U8DM購入の主目的である、IS1050からのネットワーク・ダビング、そしてiMacのBootCampで可能かどうかを試してみた。

まずは付属の「DTCP-IP DISC RECORDER」をインストール。起動してBD-REを挿入してみると、ダビング可能な状態に、続けてIS1050にて、録画リストからダビングしたい番組を選び「赤」ボタンを押し「ダビング」を選択。するとネットワーク内のダビング可能な機器が表示…されない?

pingで通信は確認できたし、ファイヤーウォールの設定もきちんとされている。再起動しても駄目。IODATAのサイトをアクセスし、Q&Aなどを参照しても特に参考になるものもなし。

困ったなぁと、もしかしたらソフトのアップデートが必要なのかと、ダウンロードページをみてみると、最新バージョン1.01
http://www.iodata.jp/lib/product/b/3792.htm
DTCP-IP DISC RECORDERのバージョンを確認すると1.01で最新っぽい。なんでだろうなぁと悩みながらも念のためにアップデータをダウンロードしてアップデートしてみたら…バージョン1.28になっている?サイトに表記のバージョンが違うんかい!

アップデートしてみたら問題なく、IS1050から使えるようになった。さて、まず地デジの番組でも焼いてみようと、ダビングを始めると無事書き込みに成功。でも、30分番組を焼くのに20~30分くらい必要なのは…一応Gbなのですけどね。

焼いたディスクがPS3でも再生可能でした。メニューとか作れないし、編集もできないのが残念。ついで言うとmakeMKVで認識できなかった…Macでは直接BD再生ができないから一度ファイルに落とさないといけないんですよねぇ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック