「STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ」が届いた

「STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ」(たきもとまさし著)が届いた。二度目のタイムトラベルをせずに紅莉栖を助けられなかったβ世界線での後の物語とのこと

冒頭の2036年の所を読んでみたのだが…、既に何かが違っている。ドラマCDのβとも違うし、最終的にどういう感じで決着が付くのだろうか?楽しみではある。

そういえば、α世界線でもなくβ世界線でもない、「STEINS;GATE」世界線は今、深夜にアニメで放映されている「ROBOTICS; NOTES」につながっているのだけれども、まったく直接的な連携はなさそうなんだよね。
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ ドラマCD付 レビュー

    Excerpt: 2010年11月のβ世界線。 岡部 倫太郎が、7月28日に牧瀬 紅莉栖を救えないまま戻ってきた後の物語で、未来ガジェット研究所のラボへもほとんど足を運ばず、厨二病な言動もすっかりなり ... Weblog: ゲーム漬け racked: 2012-11-21 01:50