「スタートレック イントゥ・ダークネス」を観てきた。今回は3D吹替版だ。

何故か近くで3D吹替版を上映しているところが見つからず、わざわざ川崎まで行って来た。

3D映画は初めてだったが、最初立体感に違和感を感じたものの、慣れるとまあ普通な感じである。ただ、映画の手法的なところで、手前のフォーカスを曖昧にして奥に焦点をあわせるシーンでは、手前にピントのあっていないもやもやしたオブジェクトが飛び出していて、目障りだったりする。こういう点は直して欲しいものだ。

さて、内容はまあ、前回観たのと変わらないからいいか。ところで、まだ本上映開始から10日も経っていないのに、映画館の売店にグッズがクリアファイルしかないってどういうことだ?

スター・トレック イントゥ・ダークネス (角川文庫)
角川書店
アラン・ディーン・フォスター

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スター・トレック イントゥ・ダークネス (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック