映画「スティーブ・ジョブズ」を観てきた

映画「スティーブ・ジョブズ」を観てきた。面白かった…が少し物足りない

映画化されたのは、大学時代からアップル創立、APPLE][とMacintoshの発売を経て、アップルを追い出され、再びアップルに復帰するまで。

まあ、山あり谷ありどころかジェットコースター的なジョブズの人生を2時間に納めるなんて無理なことだが、「ここからずっとジョブズのターン」というところで終わってしまっているのが残念かも。

まあ、他にも、PIXARに触れないのは映画業界的に仕方がないのかも知れないが、NEXTなんかサラッと流してるのはどうなんでしょうねぇ。iMacはデザイン部分だけで、iPodも基調講演のみ、iPhone、iPadはなしと…、これは結構物足りなさを感じます。


ちなみに映画の中で印象に残ったシーンは

ジョブズ「会社名を決めなければ」
ウォズ「エンタープライズ・コンピュータは?」
ジョブズ「スタートレックは駄目だ」

ジョブズ「アップル・コンピュータだ」
ウォズ「フェイザービーム・コンピュータよりはわかりやすい」

みたいな会話があったところかな。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック