「現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと」を読了

「現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと」(師走トオル著)を読了

一言で言えばセガのゲームハードを擬人化(女神化?)した小説。一応ヒロイン枠で、ドリームキャストの女神こと瀬賀守夢実とセガサターンの女神こと瀬賀守ほたる、各話ゲスト?でマークIIIとかゲームギアとかSC-3000とか登場。

バーチャファイターの続編がプレステで出ていると涙を流すほたるとか、ファンタシースターオンラインの続編がPS VITAで出ていて同じく涙を流す夢実とか…、セガのネタが大量にあって、セガファンならかなり笑えます。というか、あまりセガのゲーム機を使っていなかった人はネタがわからんのではないだろうか?

開発者の実名とか、専務の話とか大丈夫か?とか思ったらセガ公認らしい。だからと言って、セガハードの負け原因の分析までしてしまっていいのだろうか…

現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-12-10
師走 トオル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック