「星降る夜は社畜を殴れ」を読んでいる最中

「星降る夜は社畜を殴れ」(高橋祐一著)が届いたので読みかけ。

実在のモデルは「ワ○ミ」か「ゼ○ショー」か?と言う感じのブラック企業のライトノベル。テンションが高めなので、「実際の組織、団体とは関係ありません」と言えるかもしれないが、なんとなく危ない気がする。

ある意味勢いだけな部分もあるので、微妙な小説でもあるな。昔の「企業戦士YAMAZAKI」を思い出しました。


星降る夜は社畜を殴れ (角川スニーカー文庫)
KADOKAWA/角川書店
2014-07-31
高橋 祐一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 星降る夜は社畜を殴れ (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック