「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6」を読了

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6」(大森 藤ノ 著)を読了。今回、ダンジョンに潜っていない…

あらすじは大きな組織が小さなところに所属していながら有望そうな主人公を追いつめて奪い取ろうとしたところに大逆転という王道的な感じであろうか。

前の巻あたりから、少しずつ主人公の特異性の秘密が現れてきており、次の巻も楽しめそうである。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック