「ホビット 決戦のゆくえ」を観てきた

「ホビット 決戦のゆくえ」を観てきた。面白かったけど…だいぶ原作を逸脱したような…

アメリカでは「The Battle Of The Five Armies」ということで、「五軍の戦い」といったほうが原作的にはわかりやすいのだが。

合戦のシーンはなかなか大迫力だった。初期の組織だった会戦から、徐々に乱戦に移行していき、その割には、ボルグとトーリンの戦いでほぼ決着というような、よくわからない感じ。グンダバドから来たゴブリン軍もよくわからんし。

原作を逸脱した部分として「死人占い師」の扱いかな。元々はほんの少しに扱いだったのに、かなり重要なイベントになっていた。というか、ガンダルフは敵に捕らわれ過ぎではないか?

そして、レゴラス無双は今回も健在。指輪物語に続く、伏線みたいなものも突っ込んでしまったし…。

まあ、原作を考えなければ、「ロード・オブ・ザ・リング/ZERO」として、よく出来ていたのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック