Apple Watchのマップを使いながら昼飯に行ってきた

Apple Watchのお試し二日目、前から一度行ってみようと思っていた「天下一品」まで、「マップ」と「ワークアウト」を使いながら昼飯を食べに行った。

まずは「ワークアウト」で「ウォーキング」を選び、「フリー」モードで計測開始

続けて、iPhoneのマップで「天下一品」までの経路を検索して、次にApple Watchで「マップ」を開くと、その経路が転送されているので、「出発」を押下。すると画面上に「右方向 30m」と交差点での曲がるだいたいの角度の絵が表示される。その指示通りに進むと、交差点近くでApple Watchから軽い振動で注意を促される。

振動がたまにわからずにちょっと経路を違えても、リルートされているらしく、あたらしい道順が設定される。視認しやすい簡単な指示のほか、画面をスワイプさせれば地図も表示されるので、迷子になることもなく、目的地に到着することが可能だろう。

ということで無事に目的地に到着。最初に起動した「ワーキング」の計測を「強押し」で「終了」ボタンを表示し終了させる。するとだいたいのカロリー消費とか距離/時間が確認できる。細かい履歴はiPhoneの「アクティビティ」アプリで確認できたりする。

こういうちょっとした遠出がウォーキングという運動として換算されるのはなんか楽しくてちょくちょく歩き回りたくなるのが面白い感じではある。

まあ歩いた先で、こってりラーメン+半チャーハン+唐揚げ(サービス品)の高カロリー食を食べていたら、あまり意味がないかもしれないけど…。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック