「GATE 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」を5巻まで読了

「GATE 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」(柳内 たくみ著)を5巻まで読了、まあ、本編は5巻で完結のようですが。

とにかく補給がある軍隊は強いよねぇというお話。かつ、「国家に真の友人はいない」みたいな感じだ。

最後は異世界の問題よりも、各国の思惑によるテロ事件が主題になった気がする。主人公はまあ、そんなことも気にせずお気楽な感じ?

全編読んで、この小説、微妙に舞台がどこだかわかりにくいことがあるな。場面転換が唐突すぎてわかりにくかったり、背景描写が足りなかったりでちょっと把握できなかったり。

ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編
アルファポリス
柳内 たくみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック