「甘城ブリリアントパーク7」が届いた

「甘城ブリリアントパーク7」(賀東 招二著)が届いた。妙に色気のある千斗いすずの表紙絵なのに、中身はエレメンタリオの4人のお話だったり…、表紙詐欺?

今回の間は息抜きの話な感じ。今更、舞台衣装を恥ずかしく感じるエレメンタリオとか、火の精霊の家が火事で炎上とか、本物の妖精が運営しているテーマパークなのに、知らないうちに仕事をしてくれる謎の妖精がいるとか、なんか変な話に生活感を加えられて、大変面白いです。

なんで、妖精の話なのに、妙に生活感あふれて貧乏っぽい感じなんだろう?この小説…。


甘城ブリリアントパーク7 (ファンタジア文庫)
KADOKAWA/富士見書房
2015-10-20
賀東 招二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 甘城ブリリアントパーク7 (ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック