土曜日の夜から日曜日午後までかけてiMacをEl Capitanにアップグレードした

とりあえずメイン環境のiMacはOSアップグレードを様子見していたのですが、安定しているし問題もあまりなさそうなので、思い切ってあげてみた。

MacBookとかMacBook Airはサクッと終わったので、iMacもすぐ終わるかと思ったら、なんか延々とアップデートがかかっているし。入っているアプリとか設定が並大抵の量ではないからかな?
基本的に前のiMacからのバックアップ移行しているので古いOSの設定がどこかに残っていそうで怖いですね。

まあ、朝方にはなんとかアップデートが終わっていたものの、ウィルス対策ソフトも対応バージョンにしなければとアンインストールからのインストールでやってみたら、見事にはまった。迂闊に再起動とかもできないよなと延々待ち続けて昼頃にはなんとか終わり。

念のため、BootCampでWindowsを起動してみると、キーボードが認識できず。USBでHHKをつなげてログインし、Apple Software Updateをかけてなんとか

こんなことで貴重な1日を潰してしまうとは・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック