STAR TREK PICARDがついにAmazon prime videoで公開。18年ぶりのピカード艦長の活躍だ!

STAR TREK PICARDがついにAmazon prime videoで公開された。しかも、ちゃんと日本語吹き替え。ピカード艦長は麦人さんだし、データ少佐は大塚芳忠さんだ。

さすがにピカード役のパトリック・スチュアートも年取ったなぁという感じだが、それでも、帰ってきたという思いでいっぱいになるな。

話としては、宇宙艦隊を引退した後、実家のワイン農園をついでいるようなのだが、そこに至る過程で色々と事件があったようで、これは話を進めると少しずつ明かされていくのかもしれない。

わかっているのは、映画「STAR TREK(2019)」のある意味続きではあるようだ。ということで、ロムランの太陽の超新星化に伴って救援活動をした際に、宇宙艦隊を信頼できなくなった問題があった模様。B4はデータ少佐の記憶を活用できず、分解保管されていることとかかな。

そして、今回の最後に出てきた建造物は・・・ボーグ艦じゃないのか?え?どういうこと?「STAR TREK(2019)」の前日譚コミックの「STAR TREK COUNT DOWN」ではロミュランがボーグテクノロジーを一部得ているような話があったから、そのためか?

という感じで、今回のシリーズは長編になるようだから、今後の展開が待ち遠しい。

ああ、ところで、「アールグレイ、ホット」までは前までと同じだが、追加で「カフェイン抜きで」と、追加されたところは面白いかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント