「GODZILLA」を観てきました

日程および劇場限定で鑑賞券を貰ったので、「GODZILLA」を観てきました。

劇場予告を観ていたので知っていたけど…ゴジラの首が太い。着ぐるみじゃないから、生物的な動きで迫力は満点であるが、微妙に味が無い。パンフレットにも書かれていたが、渡辺謙の「ゴジラ」のこだわりのある日本語な発音がなんか良かった。

それにしても、この映画、まず「東日本大震災」の心の傷が癒えていない方は観に行かない方がよさそうである。地震で原子炉事故とか、大津波で大被害とか、冒頭は結構きつい気がする。

それにしても、今回初登場の新怪獣MUTOって残虐な感じだったけど、今ひとつ。次はハリウッド版「ゴジラvsキングギドラvsメカゴジラ」くらいやって欲しいなぁ。

そういえば、物語中、米国は現有兵器で戦っていたけど、メーサー兵器とかオキシジェンデストロイヤーみたいな超兵器は出てきませんでしたな、少し不満である。



"「GODZILLA」を観てきました" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント