劇場版「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」を観てきた

今日は映画の日なので、劇場版「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」を観てきた。

まあ、それなりに面白かったかな。いつも通りに、事件に巻き込まれながらも、危なげなく、淡々と解決するお兄さまと、「さすがですわ、おにいさま」と賞賛する妹の話だったりした。

ところで、電撃文庫系列のアニメ化作品の劇場版って、全部原作小説の隙間のタイミングで発生した話になっていて、ものすごく違和感を感じてしまうのだが。しかも、今回の映画は、テレビアニメ化されていない話の登場人物が普通にでてくるので、小説読んでいない人には不親切な感じだなと。

"劇場版「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」を観てきた" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント