GWが明けたら、驚きの展開が

今週木曜日から新人が部署に来る予定である。私は新人教育チームの技術担当なので、まあ準備万端とは行かないまでも、色々と用意し、待ち構えているわけだけども、本日出社してすぐに、新人教育チームから抜けることの通知を受けた。

まあ、いつもどおり、困ったプロジェクトのヘルプに駆り出されることとなったわけですが、4月それなりに準備に時間かけていたのに、なんか微妙である。

今度のプロジェクトはヘルプといっても、案件の始まりから、なんか微妙な感じのもので、今年いっぱいはかかる模様。う~ん、私が若手を教育するために準備をしても、直前でいきなりの方向転換をする羽目になるのなら、もう、新人教育に関わるのはやめたほうがいいんじゃないかな。

というか、今度のプロジェクトのメンバーも若手でない人間も含めて、ダメダメな開発手法を踏襲している方々なので、そのあたりをてこ入れしたほうが良さそう。

少なくとも「現場で役立つシステム設計の原則」は読ませておきたい、



"GWが明けたら、驚きの展開が" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント