スタートレック:ディスカバリー シーズン3の第5話公開

ようやく、惑星連邦本部にたどり着いた、U.S.S.ディスカバリー。

ただ、過去のシーズン2のラストの経緯のため、2258年に大破したことになっており、まあ、言ってしまえば、不審船でしかないわけですね。

それでも、「胞子ドライブ」というダイリチウムを使用しない移動手段を持っている有効性を示そうと、頑張るお話。一応、惑星連邦の理念を保ってはいるようで、それなりに有用性は示せて、ようやく、一員として認められたみたいな感じか。

さて、あとは大火の謎に迫るだけかな?

"スタートレック:ディスカバリー シーズン3の第5話公開" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。