テーマ:

Kindle Oasisが届いた

新型のKindle Oasisが20%割引だったのでつい注文してしまっていたのが、本日到着 まあ、Kindle Paperwhiteを持っているから、2倍以上高いOasisを購入してどうするのかというところもあったりしたのだが、使って見て、Kindle Paperwhiteより使いやすいが格段に違うということがわかった。 表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バッドデータハンドブック」を購入してみた

「バッドデータハンドブック」(Q.Ethan McCallum著)を購入してみた ここ数年、Apacheのアクセスログとか、JMeterの負荷ログとか色々と処理をしてはまとめているのだが、問題があるデータというのに出会う事が多いのだが、データ量の多さにいかんともしがたかく、今のところはほとんど感だけで発見しているような感じだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Hacking:美しき策謀 第2版」を購入

「Hacking:美しき策謀 第2版」(Jon Erickson著)を購入 ここ最近、脆弱性関連の通達が色々あったのだが、よくよく考えてみれば、脆弱性への攻撃方法というのがわからない。例えば、脆弱性対応のパッチを当てた後、本当に問題が無いか確認できないということだ。 確認できないというのは技術者として問題ではないかと、思い少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気がつかぬ間にiBookStoreが開店していた

やっと日本でもiBookStoreが使えるようになったか… 品揃えはまだまだという感じかな。販売中の本で欲しい物はだいたい手に入れていたりする…。今のところ、Amazonのkindleストアと比べても、そんなにオススメな感じはないようだ。 なんで、どちらも、「指輪物語」「ホビットの冒険」といった世界的名著が入っていないのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実践パケット解析 第2版を購入、第1版よりかなり加筆されている

実践パケット解析 第2版を購入。第1版を持っているのだが目次を見ると、違う本と言ってもいいくらいなので、購入してみた。 1章から5章くらいまではそれなりの加筆という感じだが、6章の「知っておきたい下位層プロトコル」あたりからかなり書き変わっている。これだけプロトコルの概説があると、これだけでも通信の入門書としてよいかもしれない。7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デザイニング・インターフェース 第二版

「デザイニング・インターフェース 第二版」(Jenifer Tidwell著)を読み始め 初版は2007年の入院時に一通り読んだはずだが、第二版は内容が違うように思える。比較しようにも、初版が本棚の中に埋もれている…。 それにしても、かなり分厚い本になっていて、気軽に持ち歩きながら読むことが出来ない。たまには文庫本サイズのO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言語実装パターン

言語実装パターン(Terence Parr著)を読み始め 書名と目次だけで注文しておいたのだが、まあ、一章だけ読んでお腹がいっぱい…、こういうの好きだったはずなんだけどねぇ、頭が付いて行かないのよ…。 この手の本としてはかなり丁寧でわかりやすい解説になっていると思います。20年前にこの本があれば、もっと楽に卒業制作をできたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲームストーミング

ゲームストーミング(Dave Gray他著)を購入、まだパラパラ見 創造的な仕事というのは、プロセスではなくゲームだということで、仕事のしかたを考えたゲームが各種紹介されている。 面白そうなことは面白いのだが…、日本の職場には不向きな感じなのが残念、う~ん、日本の職場が不向きなのかな? ゲームストーミング ―会議、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Being Geek

Being Geek(Michael Lopp著)を読み始め ぱらぱらと読んでみたところでは、これは私のキャリア形成の指針になりうる書物ではないかと…ちょっと思ったりして。 私がさっぱりとマネージメントに関心ないせいか、出世しないんですよねぇ…、給料もあがらん。もう1.5倍くらい欲しいのだが、まあ、それは難しいのかなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPhoneアプリ設計の極意

「iPhoneアプリ設計の極意」Josh Clark著を購入 主にiPhoneアプリの機能とUIをデザインとして考える本。具体的なテクニック(プログラム例)はないものの、実際のアプリからデザインの解説をしている。 今までもiOS系の開発用の本をいくつも購入しているがなかなか活用していないので、購入するのを少し迷っていたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もしドラ」がアニメ化するらしいですね

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎 夏海著)がアニメ化するらしいですね(nhk) お話的には面白かったけど、微妙に盛り上がりがなく、たんたんとした感じの話だったのに、アニメ化してどうするのだろう?教育用?でも教育テレビ用ではないんだよねぇ。 というか、ドラッカーの引用を多用すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからの「正義」の話をしよう

友人のお勧め「これからの「正義」の話をしよう」(マイケル・サンデル著)を購入した、iOS用。9月17日まで期間限定で900円、実際の本が2500円くらいなのでかなり安かった。 本の内容は面白そうなので楽しみだが、少し読んでみて、微妙にこれまでのBookアプリと比べると操作性や設定が微妙…。フォントのサイズの変え方がわからんし、設定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと

ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと(リチャード・マンソン・へーフェル編)を購入 様々なシステムアーキテクトのエッセイ集みたいな本、ちなみに日本語訳になったさいに日本人アーキテクトのエッセイが11編加わって108になっている。煩悩と一緒? 本当に知るべきかどうか微妙ではあるが、読んでいて面白いところもある。まあ、息抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アート・オブ・アプリケーション パフォーマンステスト

アート・オブ・アプリケーション パフォーマンステスト(イアン・モリノー著)を購入 前々から、システム開発時におけるパフォーマンステストに色々と困っていたのよねぇ。 標準的な指標というものがない、というかシステム要件に左右されて指標が定めづらく、また、一般的にパフォーマンステストはシステム開発終盤に行われることが多く(物がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書泉サマーセール中

7/18から8/31まで書泉では毎年恒例のサマーセールを実施中、千円購入毎にスクラッチカードを1枚貰え、当たると50円券になる 今のところ20枚もらい、1枚だけ外れだった。不況で「はずれ」の率を増やすのかなぁと思っていたのだが、まあ、昨年と当選率もさほど変わらない模様 本を購入する時に千円ぴったりになることはないので、当たり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の情報処理試験に向けて

秋の情報処理試験に向けて、参考書を注文、今回の試験が初回なので参考書がどれだけ適正かは不明だが、3ヶ月半じっくりと勉強していこう。 ところで、今回注文した本を少しお得に手に入れる方法がある。 まずはSun Developer Connectionに登録する。これは無料だ。そして、会員特典を開くと「翔泳社書籍 割引販売のご案内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーブ・ジョブス 「超」仕事力

スティーブ・ジョブス 「超」仕事力(竹内 一正著)を読了、今年度になってから4冊目のスティーブ・ジョブス本 まあ、三冊は同じ著者の本だったりするので内容に新鮮味がない、でも読んでしまうんですよねぇ、スティーブ・ジョブスの生き様が面白いから。 さすがにスティーブ・ジョブスの本をこれだけ読むと、itmediaの記事「Appleは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新版 スター・トレック ビギンズ

最新版 スター・トレック ビギンズ(岸川靖編著)を購入 今月末公開予定のスタートレック映画に合わせて、初心者向けにスタートレックを紹介した本。とはいえ、既存のファンにも矢島正明氏(カーク艦長の吹き替え)や沢梅陽子さん(ターシャ・ヤー、セブン・オブ・ナインの吹き替え)の記事があったりして、買う価値はありますね。 ちなみに、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーブ・ジョブズの流儀

スティーブ・ジョブズの流儀(リーアンダー ケイニー著)を読了 5月2日に新宿で購入した本、やっと読み終わった。なかなか、面白かった。が、先月読んだ「スティーブ・ジョブズ 神の交渉力」と「スティーブ・ジョブズ 人を動かす神」とあまり内容が変わらないかも。 スティーブ・ジョブスのキャラクタが強すぎるし、そのエピソードも強力なもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタートレック

スタートレックの小説が5月23日に角川文庫から発売される(角川書店) 早川書房は、スタートレックの邦訳の権利をとれなかったんでしょうか。 とはいえ、角川もVOYAGERとDEEP SPACE NINEの小説を邦訳したことがあるから不思議ではないな。 ついでにその他のスタートレックシリーズもぞくぞく刊行とかになってくれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

O'REILLYの本を購入

O'REILLYの本を三冊ほど購入 一冊目は「キャパシティプランニング(John Allspaw著)」 先週、負荷テストの評価で頭を悩ませていたので、参考にと。2400円もしたけど、かなり薄い本だった。まあ、読むにはいいくらいか…。 二冊目は「JavaScript: The Goods Parts(Douglas Croc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊スタートレック ファクトファイル No.314

週刊スタートレック ファクトファイル No.314が届いた。完結号 ついに終わりました、長かった…6年に渡り、購読してきたものの、実は100号から積んであるだけという状態、完結したこともあり、徐々に整理していくようにしないといけませんね。 完結号は「総索引号」ということで…読むところはありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Amazon Best Books of 2008

AmazonのBest Books of 2008が公開中 和書も洋書も特に購入したものはなし、まあ、ほとんど文庫本しか購入していませんしねぇ。 コミックはさすがに何冊か購入したものがあります。 よつばと! 8 魔法先生ネギま! 24巻 HUNTER×HUNTER NO.25 らき ☆ すた (6) 真月譚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛びすぎる教室

飛びすぎる教室(清水義範著)を読み終わり 清水義範の「お勉強エッセイシリーズ」の雑学篇というやつです。 毎度なかなか面白いネタが豊富ですな。今回、気に入ったのは「暦の話」と「天使の話」そして「宇宙の話」です。 「暦の話」で、特に納得したのが「オクトーバー」、確かになんで10月が「OCT」なんだろうと思っていました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スケーラブルWebサイト

スケーラブルWebサイト(Cal Henderson 著)が届いた 読んだ感じでは、それなりにいい感じだ。 特に「8章 ボトルネック」は、今、開発もたけなわなシステムでのパフォーマンス向上に効果があるかも。 ということで、会社に常備しておくことに。 一緒に届いた「デザイニング・インターフェース」は個人的な趣味。 オライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デザイニング・インターフェース

デザイニング・インターフェース(Jenifer Tidwell 著)を注文、1/20発売予定 英語版をお勧めしていた人がいたから、つい。システムを作る時もデザインは大切ですからねぇ。 oreillyのサイトで購入する時は2冊以上で送料無料になるので、一緒にスケーラブルWebサイトも注文しておいた。Webシステムのレスポンスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Star Trek Ships of the Line

Star Trek Ships of the Lineが到着 今までのShips of the Line Calendarの画集(?)のような本 NX-01からエンタープライズ(無印、A、D、E、J)、デファイアント、ヴォイジャーと魅せる絵が満載、観ていて幸せになりますなぁ。 …問題は間違えて2冊購入してしまったこと…カレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジニアのための時間管理術

エンジニアのための時間管理術(Thomas A. Limoncelli著)が届いた まだ、第3章までしか読んでいないが、時間の効率的な使い方を考えるのによい本だと思う。 とりあえず、わかったことは ・集中するための時間を持とう ・定期的な作業はルーチンワークとしてしまう ・スケジュールを覚える努力をせずに、PDA等を常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linuxサーバ Hacks 2

Linuxサーバ Hacks 2(Bill von Hagen , Brian K. Jones著)が届いた 今回の内容は…かなり偏っているような気がするなぁ。前の巻のほうが、役立ち度は高いです。今回はかなりピンポイントにハックする必要があるときしか使い物にならないかも
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNIXマガジン 10月号 (秋)

UNIXマガジンの秋号が送られてきた。昨年の年間購読分がまだ残っているのだ。中身は前回から改善されず、これで1500円は買う気になれないなぁ。 特集でUNIXマガジン20周年とあるが…今のUNIXマガジンを続いているとは認めたくない。 その他特集はP2Pそれなりには面白い…のかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more