テーマ:ライトノベル

「ロード・エルメロイII世の事件簿」が届いた

「ロード・エルメロイII世の事件簿」(三田誠著)が届いた 知っている人は知っていることとして、「Fate/Zero」に登場していた「ウェイバー・ベルベット」の10年後のお話である。どこをどういうふうな過程で、あのウェイバーが立派に成長したのか知りたいが、それはそれとしてファンタジーな謎解きモノとしての本作、面白そうだったので注文し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワールドエンドエコノミカ」が届いた

「ワールドエンドエコノミカ」(支倉 凍砂著)が届いた…、なんじゃ、この分厚さは!800ページ弱ある文庫本なんて初めて買ったよ… 「狼と香辛料」の支倉 凍砂の作品ということで、とりあえずネットで注文してみたら、こんな分厚いのが届いて驚き。読む前にくじけそうである…。というか、通勤途中に読むサイズではないな…。 作品内容はあらす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ソードアート・オンライン プログレッシブ3」を読了

「ソードアート・オンライン プログレッシブ3」(川原 礫著)を読了、第四層をクリアする話 まだ、恋人になる前なのにベネチア風の水の町で、ゴンドラで見た目ラブラブなキリトとアスナ…、どこをどうすれば、「圏内事件」のような状況に?サチとのエピソードにどうすればここからいけるのだろう? 後付けで、途中の話を作ってしまうと、本当に難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6」を読了

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6」(大森 藤ノ 著)を読了。今回、ダンジョンに潜っていない… あらすじは大きな組織が小さなところに所属していながら有望そうな主人公を追いつめて奪い取ろうとしたところに大逆転という王道的な感じであろうか。 前の巻あたりから、少しずつ主人公の特異性の秘密が現れてきており、次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新約 とある魔術の禁書目録 (11)」を読み終わった

「新約 とある魔術の禁書目録 (11)」を読み終わった。この巻は食蜂操祈のお話 精神系超能力者としてレベル5の彼女が上条との記憶の齟齬を追っていくうちに、自分を恨む存在と戦うといったお話。主人公の上条はほぼ回想でしか登場しませんが、そこはそれ、主人公補正とヒーロ補正でいいところでかっさらう感じ?それにしても、過去の出来事は上条の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「なれる!SE 12 アーリー?リタイアメント 」を読了

「なれる!SE 12 アーリー?リタイアメント 」(夏海公司著)を読了、ついに室見さんの実年齢が明かされる (本文ネタバレ) 年齢不詳な見た目が子供な先輩であったが…まあ、ライトノベルっぽい感じな年齢ばれではあったか。というか、どこまで頑張れば、そこまでの知識が…というところにも一応説明が入ってきました。不幸持ちで強力なスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・終物語を買ったと思ったら

一緒にカートに入れていたらしく「アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ陸 神原駿河」も届いた まあ、「続・終物語」(西尾 維新著)は買ったものの、アニメ化されるまで封印しておくので、すぐには読めないから、代わりになる読み物があるのは良いことだ。とはいえ、値段の割に薄い…、これが版権絵満載のカラー本のせいなのか アニメ<…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日は雨天のため、一日家にこもっていた

特に何もしていないな… 少し前に買って積んでいた「ぼくのゆうしゃ5」(葵せきな著)を読んでいたりした。素で下種なのに今回はいい人っぽいファルディオのお話。まあ、面白かったかな ぼくのゆうしゃ (5) (富士見ファンタジア文庫)KADOKAWA/富士見書房 2014-08-20 葵 せきな Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花物語」を観た

本日、放映の「花物語」、なかなか面白かった。やはり神原駿河は<物語>ヒロインの中で一番好みである。 何と言っても、無闇に肌色率というか、はだか率が高いのが素晴らしい。一言で言えば「エロ元気」というのだろうか、まあ、阿良々木暦との絡みが少なかったので、エロトーク率は低めだったが。 ところで「恋物語」の最後で撲殺?されたような貝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング」を読了

「ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング」(川原礫著)を読了 前回、アドミニストレーターを倒したものの、ほぼ廃人になってしまったキリト。この巻では終わりまで回復せず。というか、ほぼ次の戦争のための準備の巻でした。続きは12月かな? ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「星降る夜は社畜を殴れ」を読んでいる最中

「星降る夜は社畜を殴れ」(高橋祐一著)が届いたので読みかけ。 実在のモデルは「ワ○ミ」か「ゼ○ショー」か?と言う感じのブラック企業のライトノベル。テンションが高めなので、「実際の組織、団体とは関係ありません」と言えるかもしれないが、なんとなく危ない気がする。 ある意味勢いだけな部分もあるので、微妙な小説でもあるな。昔の「企業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俺の教室にハルヒはいない3」を読了

「俺の教室にハルヒはいない3」(新井輝著)が届いたので、読んでみた。 なんというか、話がたんたんとしていて、盛り上がり具合にかけるような気もするけど、個人的には面白い。 個性ある女性が多く登場しているのがポイントなんだけど、まあ、雰囲気は「Room No.1301」シリーズとよく似ているんですよねぇ。 俺の教室にハルヒはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋物語」のBlu-rayが届いた

「恋物語」のBlu-rayが届いた 原作小説はまだ読んでいないのだが、題名から連想されるストーリーを思いっきり外しているにも関わらず、確かに本筋は「恋」なのだというなんとも言えない作品でおもしろい。というか結局、主人公がなんでこの男という感じなのに面白くてつい観てしまう。 人の予想を見事に裏切ってくれるところが面白い作品だよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パパのいうことを聞きなさい!16」が届いた

「パパのいうことを聞きなさい!16」(松智洋著)が届いた 今回は美羽に焦点をあてたお話だったが、前の巻から微妙に時間経過が飛んでいたり、作品中、かなり時間経過したので、なんとなく話が薄かった気がする? パパのいうことを聞きなさい! 16 (集英社スーパーダッシュ文庫 ま 1-34)集英社 2014-06-25 松 智洋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5」を読了

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5」(大森 藤ノ 著)が届いたので読了 話としては、モンスタートレインを押し付けられて、ダンジョンからの帰還が困難に。そこで、ダンジョンの奥とはいえ、近い安全地帯まで決死で進む。安全地帯直前でボスキャラが立ちはだかる。 という感じで背表紙にあらすじが書いてあるものの、さら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はたらく魔王さま!11」を読了

「はたらく魔王さま!11」(和ヶ原聡司著)を読了、ある意味一巻まるまる説明…なのに次の巻に続いているみたい。 勇者が長期の無断欠勤でテレアポのバイトをクビになり、予想通り、魔王と同じお店でバイトになるというだけの展開だったりするのですが…。 最後の最後で裏で色々としていた張本人が登場で次の巻へ…ということで次の巻も、説明がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ソードアート・オンライン 14アリシゼーション・ユナイティング」を読了

「ソードアート・オンライン 14アリシゼーション・ユナイティング」(川原礫著)を読了 ついに「アドミニストレータ」との対決、大きな犠牲を払った後の勝利後、現実世界とコンタクトをとるも、現実世界でも異常事態発生、そしてとんでもない事件が…で次の巻に続いています。 アリシゼーション編もやっと山場を超えたという感じなところで、まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「魔法科高校の劣等生13スティープルチェース編」を読了

「魔法科高校の劣等生13スティープルチェース編」(佐島勤著)を読了 2年生になった司波達也と深雪の二回目の「九校戦」、軍部の思惑が絡み合って事件が…という感じなのだが、今までの作品と比べると妙にあっさりとしているというか、駆け足というか?登場人物も多くなってきて描写しききれていないというか…、前までのペースだと、この巻だけで2巻分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ opt.PLUS」が届いた

「それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ opt.PLUS」(庄司 卓著)が届いた。完結してから約1年…、おまけの作品が出るまでに1年もかかるとは… というか、すっかり忘れていて、発売2週後に気がついたんですが。 完結後のおまけでかつoptシリーズなので、本筋に絡まない気楽なお話ばかり。SF的ギミックは「スカイフック」とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「僕と彼女のゲーム戦争 ゲーマーたちの日常」を読了

「僕と彼女のゲーム戦争 ゲーマーたちの日常」(師走トオル著)が届いた、読み終わった。内容は電撃マガジンに載っていた短編を集めた短編集。 毎回、違うゲームが面白く紹介されていてなかなか良い作品だ。今回、「シヴィライゼーション4 ビヨンド・ザ・ソード」が載っていたのが心くすぐるポイントである。最新の「シヴィライゼーションV」は本編の学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

koboのイーブックストアで角川の本が70%引き

koboのイーブックストアで角川の本が70%引きになっているのだが、つい先日まで50%引きのキャンペーンだったような? 50%引きの時に買った人は、買った本が直後に70%引きになって、かなり悔しい思いをしていることだろう。 欲しい本がなかったので50%引きはスルーしてしまったのだが、70%引きなら、一度買った本でも電子版で買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「甘城ブリリアントパーク3」が届いた、これもアニメ化されるらしい

「甘城ブリリアントパーク3」(賀東招二著)が届いた、これもアニメ化されるらしい 本当にファンタジーなテーマパークが舞台なのに、なんかやたらと硝煙の匂いを感じさせるキャラクターとか、言動がおっさんでしかないキャラクターとか、裏側が夢があるんだかないんだかよくわからないような作品でなかなか面白いんですよねぇ。 今回は大きなイベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俺の教室にハルヒはいない2」を購入した

「俺の教室にハルヒはいない2」(新井輝著)を購入した とても新井輝らしい、たんたんとした主人公+悩みを色々と抱えた女の子達のラノベである。加えて、色々な実作品が登場していたりで、権利関係大丈夫か?とか思ってもしまう。 さて、続きはいつ頃でしょうねぇ 俺の教室にハルヒはいない2 (角川スニーカー文庫)KADOKAWA/角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「長門有希ちゃんの消失」等3冊が届いた

「長門有希ちゃんの消失6」(ぷよ著)「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱8」(ぷよ著)「涼宮ハルヒの憂鬱20」(ツガノガク著)が届いた 一気にハルヒシリーズのコミックが三冊も発売になるとは珍しい…、小説はもうまったく音沙汰がない状態だけど。 コミックの帯に「長門有希ちゃんの消失」アニメ化とあるけど、微妙に区切りが無いようなマンガでそこま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと」を読了

「現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと」(師走トオル著)を読了 一言で言えばセガのゲームハードを擬人化(女神化?)した小説。一応ヒロイン枠で、ドリームキャストの女神こと瀬賀守夢実とセガサターンの女神こと瀬賀守ほたる、各話ゲスト?でマークIIIとかゲームギアとかSC-3000とか登場。 バーチャファイターの続編がプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ソードアート・オンライン プログレッシブ2」を読了

「ソードアート・オンライン プログレッシブ2」(川原礫著)を読了 今回は第三層攻略かつキャンペーンのお話。一層、二層に引き続き、アスナとコンビで戦っていますが…、まあ、まだ一巻目と矛盾点少なめなのかな?この調子で行くと、どの階層で分かれて、対立する羽目になるのやら? そういえば、ユイが出てくる前に、高機能なNPCが登場してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人1年目で部長代理って

「なれる!SE」(夏海公司著)の11巻目を購入。ついに主人公が管理職…という名の庶務作業無茶ぶりへ まだ半分ほどしか読んでいないけど、いわゆる労使関係のお話がメインのような感じ。ほんと、ラノベとはいえ…既視感が…まあ… なれる!SE (11) 絶対?管理職宣言 (電撃文庫)アスキー・メディアワークス 2013-12-10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「魔術士オーフェン はぐれ旅 女神未来(上)」が届いた

「魔術士オーフェン はぐれ旅 女神未来(上)」(秋田禎信著)が届いた 確か前の話が、女神を呼び戻すためにキエサルヒマ結界を再現していたところを、破壊した感じで終わっていたような…忘れているなぁ…。また前の巻から読みなおさないと駄目かな? ということで、ひとまずあとがきから読む。 税関に輸入した模造剣を銃刀法違反にならないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロードス島戦記 灰色の魔女」を購入

「ロードス島戦記 灰色の魔女」(水野良著)を購入 最初に「ロードス島戦記」を読んだのは、確か、コンプティークに連載されていたD&Dリプレイだったかな。エトだけカーラのスリープにかからなかってけど、多勢に無勢だからと狸寝入りしていたプレイを思い出す。小説ではなんかいい感じになっていて、面白く感じていたものだ。 最終的にこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「囮物語」を読み終わった

アニメでの「囮物語」が終わったので「囮物語」(西尾維新著)を続けて読んでみた。 面白かったけど、バッドエンド(?)というか、「俺たちの戦いはこれからだ!(ラスボスの視点)」エンドという感じ。 それにしても、なかなか予想を覆してくれる展開でいいね。まさかクチナワさんがあんな産物だったとは…、そして、子供でも女は怖いねという感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more